食が細くなった父が毎日喜んで食べてくれた葉型の小さなチョコレート

毎年父には趣味のアウトドア用品を父の日や誕生日にプレゼントしてきました。
しかし、これまであげたものや父自身が購入したもので、そういった用品も家の中で飽和状態になってきました

年齢的にも高齢になってきたので、以前よりアウトドア旅行に出掛ける回数が減ってきていたこともあります。
モノではないもの、と考えたときに普段から午前午後と必ず実家ではお茶の時間があるので、簡単ではあるけれど洒落た食べもの(お茶菓子)がいいかなと考えました。

 

大病をしてから食欲が落ち痩せ気味だったのですが、なかなかカロリーが高いものは喉を通らないようでした。
少しでも力をつけられる美味しいものはないかな、と探していたところ、ふと父が喜んで食べていたチョコレートのことを思い出しました。

それは入院中に何かの折、人からいただいたものでした。
巾着型の包にくるまれた葉っぱの形の小さなチョコレート。
「あれならば口に入るかも」と考えたのですが、メーカーや商品名も分からない状態でした。

そこでチョコレート好きな友人に特徴を伝えたところ、すぐにモンロワールのリーフメモリーという商品だと教えてもらい、取り寄せることができました。

父の日にギフトボックスに3色セットになったものをあげたところ、とても喜んで毎回のお茶の時間に一包みずつ食べてくれました
それからは時折「また食べたいな」とリクエストもあり、プレゼントの定番になっています