一人暮らしで勉強家の母へサプライズプレゼント。生活の一部となる気に入り様!

シングルマザーになり、2歳の息子を保育園に預けながらまず数時間のパートタイムから仕事をはじめ、数年たって転職。
何年もかかりましたがようやく正社員になることができ、初めてもらったボーナスでお世話になった母に感謝の気持ちを込めてipadをプレゼントしました。

 

普段はお花やお茶など、ささやかなものしか贈らないのに、「いきなりどうしたの?」と母はびっくりしすぎて呆然としていましたが、息子が設定などをやってくれ、使い方をレクチャー。「こんなのもあるんだよ」と、母の大好きなクロスワードパズルのアプリをダウンロードして、操作になれてもらいました

もともととても勉強家であった母は自分でいろいろ調べて、みるみるうちにipadを使いこなすように。
私が知らない機能を知っていたりして会うたびに驚かされます。

そのたびに「ほんとうにいいプレゼントをもらったわ、一人暮らしの私にとっての相棒みたいなものよ」とお礼を言われます
たまに来る電気屋さんや友人などに、とてもびっくりされるそうです。

決して安くはない買い物でしたが、これだけ母が喜んでくれて生活になくてはならないものだと言ってくれたので、プレゼントして良かったと思っています。